FC2ブログ

【満田研究室ブログ】

佛教大学社会学部満田久義研究室通信

【人間国宝 桂米朝さん逝去】

【人間国宝 桂米朝さん逝去】

米朝さんのご逝去、心から哀悼の意を表します。

米朝師匠とコメ博士と呼ばれた父とは、「米」繋がりとして親交がありました。

小松左京さんや星新一さんと世界の美酒を飲み比べ会。

自宅に来られたり、祇園でご一緒したりしました。大学教授のような方。博識で何かあるとメモをとられ、「話のまくらに使うのです」と。

すべての所作に品性がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

25日に告別式が執り行われました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2015/03/20(金) 01:58:58|
  2. 訃報

【訃報:船橋晴俊さんが逝去されました】

【訃報:船橋晴俊さんが逝去されました】

船橋先生は、日本環境社会学会の生みの親。誠実な人柄、真摯な研究態度でリーダーとして、各方面でご活躍されました。また、2001年京都環境社会学国際会議の際には、大変お世話になりました。

哀悼の意を表するとともに、ご冥福をお祈りします。

**************************************
訃報:船橋晴俊さん66歳=法政大教授、環境社会学専攻
毎日新聞 2014年08月16日 20時13分

 船橋晴俊さん66歳(ふなばし・はるとし=法政大教授、環境社会学専攻)15日、くも膜下出血のため死去。通夜は17日午後6時、葬儀は18日午前11時半、神奈川県平塚市明石町25の1のサン・ライフ サカエヤ・ホール

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2014/08/17(日) 11:55:26|
  2. 訃報

【訃報】水谷幸正先生がご遷化されました

水谷幸正先生(元佛教大学長、元浄土宗宗務総長)
〔満85歳〕が、2月7日にご遷化されました。

水谷先生のご逝去に心からの弔意を申し上げます。


通夜:2月11日(火) 午後6時~
 
本葬:2月12日(水) 午前11時~

場所:上善寺〔住所:京都市北区鞍馬口通寺町東入ル上善寺門前町338〕

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2014/02/11(火) 11:03:52|
  2. 訃報

【終戦の日、平和の礎となった方々に黙祷】

【8.15 終戦の日、平和の礎となった方々に黙祷】

パプアの島々を訪れ、日本から持参した大吟醸と地元の方々が捧げてくれる花々を慰霊碑に


戦没日本人慰霊碑 ビアク島
戦没日本人慰霊碑 ビアク島

安らかに眠らないでください。平和ボケした日本が人徳を忘れないように。
安らかに眠らないでください。平和ボケした日本が人徳を忘れないように。

若き兵士の命が日本の平和の礎。
若き兵士の命が日本の平和の礎

「母に会いたい。故郷の祭りを見たい。日本へ帰りたい!」と、地底から手が伸び、わが足を引き留める。
「母に会いたい。故郷の祭りを見たい。日本へ帰りたい!」と、地底から手が伸び、わが足を引き留める

日本へ帰ろう。平和な日本を視るために
日本へ帰ろう。平和な日本を視るために

2 ビアク島西の洞窟。漂う英霊に合掌。
ビアク島西の洞窟。漂う英霊に合掌

ビアク戦没者慰霊
ビアク戦没者慰霊

無垢の笑顔の子どもたちに平和と幸せを祈る
無垢の笑顔の子どもたちに、何か出来ぬかと平和と幸せを祈る

2パプアのビアク島にマラリア診断キットを届ける
パプアのビアク島にマラリア診断キットを届ける活動を続ける

パプアの夕日はすべてを忘却させる
パプアの夕日はすべてを忘却させる

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2013/08/14(水) 10:32:59|
  2. 訃報

【訃報】カレンバック先生の悲しいお知らせ

【訃報】カレンバック先生の悲しいお知らせ

2012年4月16日、アーネスト・カレンバック先生がご逝去されました。

先生は、『エコトピア』や『エコロジー事典』等の著者として、早くから環境問題について警世して来られました。

ここに謹んで哀悼の意を表します。

満田久義


****奥さまからの訃報メール****
Ernest passed away on Monday, April 16 in the early evening.
He was at home, surrounded by his family, free from pain and peacefully beginning his next journey.
I hope you will be able to inform your colleagues and friends about Ernest's death, and tell them that we remember their goodness to us.

Best wishes,

Christine Leefeldt

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エコトピア
キャレンバック「エコトピア」

エコロジー事典(ミネルヴァ書房)
エコロジー事典(ミネルヴァ書房)

エコロジー事典著者自筆サイン
エコロジー事典著者自筆サイン


ECOLOGY
ECOLOGYダンラップ氏サイン
「ECOLOGY」とダンラップサイン

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2012/04/23(月) 15:28:35|
  2. 訃報
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

佛教大学社会学部満田研究室

Author:佛教大学社会学部満田研究室
【本ブログの休止と新ブログ『マラリア通信(仮称)』のお知らせ】
満田研究室ブログは、2009年満田教授の海外研修の時、満田ゼミ生との情報交流のために開設された海外通信ブログ。インドネシアのマラリア制圧に関する情報からエコツアー、原発、感染症パンデミックなどのホットな話題をブログ形式でお送りしてきました。
満田教授は、2009年4月から半年間のドイツ・オスナブリュック大学日本研究所とイ ンドネシア国立マタラム大学医学部での海外研修から帰国。さらに10月から3月までの京都大学大学院経済学研究科での研究員生活を終え、2010年4月からは佛教大学社会学部公共政策学科教授に復職しました。
2011年からはマラリア制圧のために、セレベス、パプア、アロール島などでマラリア医療支援活動を継続。また、エクアドルのアマゾンジャングルにある世界で最も生物多様性が高いヤスニ国立公園の自然保護活動や、ベトナム政府および国連機関とのベトナム農村での持続可能な観光に関する共同研究も実施しました。
2013年12月からセレベス島北端のバンカ島で中国企業による鉄鉱石開発からジュゴンを守る国際NPO[ジュゴン環太平洋ネットワーク]の創設準備。沖縄辺野古沖のジュゴンに関する基本情報を収集し、ジュゴン保護に関する研究を実施しました。
2019年3月、佛教大学社会学部を定年退職(同大学名誉教授)。 9月からインドネシア国立マタラム大学医学部客員教授として、ロンボク島でのマラリア撲滅のための社会貢献活動に尽力する予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

妊婦さんにミルクを❗️プロジェクト (7)
平成が終わり、昭和が去る。そして、令和を拓く! (14)
佛教大学最終講義190118 (10)
素晴らしいお知らせ (201)
アチェの慟哭と哀惜、あれから10年 (1)
マラリア戦争の深部 (25)
マラリアの社会学(続き) (7)
NO MORE TUNAMI、アチェ、そして東日本 (37)
18ロンボク震災報告 (2)
海洋哺乳類との共生への道 (40)
ザトウクジラとの遭遇、ドミニカ大西洋洋上300km (5)
サンイグナシオ・ラグーンとコククジラ、メキシコ (2)
ジュゴンを救う!活動、セレベスから沖縄 (35)
世界海中遺産の旅 (7)
バヌアツ物語 (4)
PNG巡礼の旅 (5)
極楽鳥の舞う島の子供たち (1)
ラジャ・アンパト:極楽鳥の舞う島の子供たち (6)
卒業生通信 (15)
エコツーリズムへの招待 (11)
ちょっとブレイク (52)
環境社会学への誘い (15)
環境と地域 (11)
ふるさと納税 (2)
環境と地域+エコロジー (3)
環境と開発 (7)
原発の話 (27)
ヤスニ提案を読み解く (10)
アマゾンジャングルからの報告 (4)
ダーウィン巡礼の旅 (13)
緊急アピール (25)
新型インフルエンザとパンデミックの旅 (9)
環境と開発エコロジー (2)
ブータンからの便り (12)
赤道の国 (2)
ベトナム新農業・農村開発10か年計画 (2)
ドイツ生活 (1)
インドネシア生活 (1)
未分類 (13)
訃報 (6)
管理人 (1)
知床秘話 (4)
仁淀川からの風 (1)
社会的起業の提案 (1)
エボラ出血熱 (4)
沖縄・石垣からの風 (3)
知床世界遺産 (1)
京のおもてなし文化の旅 (9)
平成28年熊本地震 (3)
命 ファースト! (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する