FC2ブログ

【満田研究室ブログ】

佛教大学社会学部満田久義研究室通信

パプアニューギニア巡礼の旅(5)

WATERFALL BAY: マングローブを分け入り、ジュゴンの棲む村へ

ジュゴンの哺乳
保護されたジュゴン赤ちゃんの授乳。ジュゴン保護活動(友人のシンガポール海洋写真家ローランド撮影。インドネシア・パプア州(イリアンジャヤ)にて)


ジュゴンは沖縄の普天間基地問題で、今や”時の動物”である。その愛くるしい容姿は、人魚伝説としても知られている。ジュゴンはオーストラリア海域やインド洋など広範囲に生息する体長2-3メートル、体重3-500キログラムの水中に棲む哺乳類(海生哺乳動物)。深度10メートルぐらいの藻場でゆっくりと捕食活動し、呼吸のために時々浮上するので、目撃することができる。

その個体数は世界中で激減し、絶滅危惧種としての保護が喫緊な課題だ。個体減少の原因は、捕獲(食肉用!)が容易なことや開発による生息環境の破壊などであるが、近年では、ジュゴンの食料となる藻場の減少や、スクリュー事故とか防御ネットによる溺死等、人間活動による直接原因が問題。現在の個体数は、世界中で10万頭以下と推定され、各国で保護活動が盛んである。例えば、WWFは「2010年国際ジュゴン年」キャンペーンを実施し、ジュゴン保護を訴えている(http://www.wwf.or.jp)。

さて、ガスマタからラバウルへの帰路、Waterfall Bayの近くのポロンガ村にジュゴンが棲んでいるとガイドに教えられた。早速、新たに雇った地元の案内人に先導され、マングローブが生い茂る川を遡った。そこは文明とは隔絶された村。言葉は全く意味不明。地元案内人しか通じない。PNGでは、英語に近い共通言語(注)があるが、奥地に行くと地域や村ごとに言葉が異なる。村人は周辺の各種の言語を操り、意志伝達をする。
(注)PNGには、500以上の言語があると言われている。一般に通用するのは英語であるが、現地語と融合したピジン英語がある。

ポロンガ川の両側に点在する家、そこから出てきた真っ裸な子供たちは通り過ぎる我々に手を振る。彼らとの売買は貨幣が流通してないので、物々交換である。村人との物々交換は、【食用バナナ・タロイモ・果物】と【ラーメン・コメ・石鹸】を交換する。11日間の船上生活であっても食料の現地調達が可能だから、新鮮な野菜や果物に不自由することはない。

ジュゴンを懸命に捜索し続けた。残念ながら今回は発見できなかった。自然相手のエコツアーでは、目的達成のできる確率は極めて低いのが通例。日本の水族館(海遊館)のように、金さえ払えば、誰でもがいつでも、自然界では滅多にお目にかかれない貴重な海洋生物を、何の苦労もなく見物できるのとは大違いだ。当然だが、同一海洋生物であっても、人工構造物に閉じ込められた不自然な状態と、大自然を自由に行動するのを観察するのとでは、全くの別物である。”水族館での海洋生物の実態は偽りの姿だ!”

ジュゴンの住民ハ初めての冷水
ジュゴンの棲むというポロンガ村での物々交換。初めての冷水をごっくん!美味しそうだった。

ジュゴンの洞窟2
ジュゴンを求めて、未踏のコウモリ(fruit bats)が飛び交う洞窟に突き当たる。ケービング探検ができそうな洞窟池に飛び込んだら、池底からの凍るような湧水に身震い。ここが川の源泉だ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。



  1. 2010/03/25(木) 14:10:29|
  2. PNG巡礼の旅

ちょっとブレイク(8)

教育交流プロジェクトに関する加藤君の提案(平成17年度卒業生)
****************
親愛なるゼミ生・卒業生諸君へ

PNGへの図書贈呈に関して、返信メールによるコメントと参加意志、ありがとう。

さて、平成17年度卒論合宿で伝説の芸術的?なプレゼンをした加藤君から提案がありました。彼は出版業界に就職し、本制作については詳しい。その提案内容は「図書購入し、先方に郵送するのは真心が伝わらないのではないか。我々がテーマを決めて、協力して手作り本を作成し、送る方が教育的効果も高いのではないか」と。

検討の価値があるので、出版可能性と協力体制について、各卒業年度で意見交換をしてみようと思う。例えば、
『日本の子供たち、今』をテーマに、子供たちの日常生活を子供目線で・・・。

基本的には、教育交流プロジェクトは君たちが立ち上げから始めるのがよい。“井戸を最初に掘った人こそが、一番楽しいし、一番価値がある。“ 

期待しています。

【修正】パプアニューギニア巡礼の旅(2)で、「満田ゼミの卒業生の3分の1が教育職」と書きましたが、正しくは、「教育・福祉関係・公務員に就職した割合が、ゼミ生の3分の1」
ちなみに、昨年度は16名の卒業生のうち、5名が教育職(2名は非常勤)、2名が公務員+1名独法。最近は特に安定志向ですね。

4月から研究室に戻ります。

Valanguo小学校の見送り
ヴァラングオ波止場での見送り(ガスマタ、西ブリテン州、PNG)
高学年の子供たち
Valanguo小学校高学年か、中学校の学生たち。

心に残る物思い老人
微動だにせず、物思いにふける老人。何を思うのか?
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2010/03/21(日) 00:32:56|
  2. ちょっとブレイク
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

佛教大学社会学部満田研究室

Author:佛教大学社会学部満田研究室
【本ブログの休止と新ブログ『マラリア通信(仮称)』のお知らせ】
満田研究室ブログは、2009年満田教授の海外研修の時、満田ゼミ生との情報交流のために開設された海外通信ブログ。インドネシアのマラリア制圧に関する情報からエコツアー、原発、感染症パンデミックなどのホットな話題をブログ形式でお送りしてきました。
満田教授は、2009年4月から半年間のドイツ・オスナブリュック大学日本研究所とイ ンドネシア国立マタラム大学医学部での海外研修から帰国。さらに10月から3月までの京都大学大学院経済学研究科での研究員生活を終え、2010年4月からは佛教大学社会学部公共政策学科教授に復職しました。
2011年からはマラリア制圧のために、セレベス、パプア、アロール島などでマラリア医療支援活動を継続。また、エクアドルのアマゾンジャングルにある世界で最も生物多様性が高いヤスニ国立公園の自然保護活動や、ベトナム政府および国連機関とのベトナム農村での持続可能な観光に関する共同研究も実施しました。
2013年12月からセレベス島北端のバンカ島で中国企業による鉄鉱石開発からジュゴンを守る国際NPO[ジュゴン環太平洋ネットワーク]の創設準備。沖縄辺野古沖のジュゴンに関する基本情報を収集し、ジュゴン保護に関する研究を実施しました。
2019年3月、佛教大学社会学部を定年退職(同大学名誉教授)。 9月からインドネシア国立マタラム大学医学部客員教授として、ロンボク島でのマラリア撲滅のための社会貢献活動に尽力する予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

妊婦さんにミルクを❗️プロジェクト (7)
平成が終わり、昭和が去る。そして、令和を拓く! (14)
佛教大学最終講義190118 (10)
素晴らしいお知らせ (201)
アチェの慟哭と哀惜、あれから10年 (1)
マラリア戦争の深部 (25)
マラリアの社会学(続き) (7)
NO MORE TUNAMI、アチェ、そして東日本 (37)
18ロンボク震災報告 (2)
海洋哺乳類との共生への道 (40)
ザトウクジラとの遭遇、ドミニカ大西洋洋上300km (5)
サンイグナシオ・ラグーンとコククジラ、メキシコ (2)
ジュゴンを救う!活動、セレベスから沖縄 (35)
世界海中遺産の旅 (7)
バヌアツ物語 (4)
PNG巡礼の旅 (5)
極楽鳥の舞う島の子供たち (1)
ラジャ・アンパト:極楽鳥の舞う島の子供たち (6)
卒業生通信 (15)
エコツーリズムへの招待 (11)
ちょっとブレイク (52)
環境社会学への誘い (15)
環境と地域 (11)
ふるさと納税 (2)
環境と地域+エコロジー (3)
環境と開発 (7)
原発の話 (27)
ヤスニ提案を読み解く (10)
アマゾンジャングルからの報告 (4)
ダーウィン巡礼の旅 (13)
緊急アピール (25)
新型インフルエンザとパンデミックの旅 (9)
環境と開発エコロジー (2)
ブータンからの便り (12)
赤道の国 (2)
ベトナム新農業・農村開発10か年計画 (2)
ドイツ生活 (1)
インドネシア生活 (1)
未分類 (13)
訃報 (6)
管理人 (1)
知床秘話 (4)
仁淀川からの風 (1)
社会的起業の提案 (1)
エボラ出血熱 (4)
沖縄・石垣からの風 (3)
知床世界遺産 (1)
京のおもてなし文化の旅 (9)
平成28年熊本地震 (3)
命 ファースト! (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する