FC2ブログ

【満田研究室ブログ】

佛教大学社会学部満田久義研究室通信

【追い込み漁のイルカ入手続行か中止か、水族館苦悩】

【追い込み漁のイルカ入手続行か中止か、水族館苦悩 日本協会】
産経新聞 5月16日(土)7時55分配信によると、
和歌山県のイルカ追い込み漁の状況縮小2
なお、和歌山県のイルカ追い込み漁の状況の興味深いデータが示されている。
*********************************
 ■通告受け入れなら「捕鯨も影響」

 日本伝統の追い込み漁で捕獲したイルカの入手を続行するのか、それとも世界動物園水族館協会(WAZA)の改善通告に従ってやめるのか。日本動物園水族館協会(JAZA)と加盟する水族館などが揺れている。続行ならWAZA除名となり、海外との動物のやり取りに支障が生じる。やめれば今後、イルカを調達できずにショーなどができなくなる園も出る恐れがある。JAZAは会員の意見を集約して多数決を取り20日に結論を出す。

 「イルカショーを前提に成立している水族館は岐路に立つことになる」。マリンピア日本海(新潟市)の加藤治彦館長は、通告に従う結論になった場合を危ぶむ。マリンピアでは、漁を行う和歌山県太地町からイルカ3頭を購入し飼育。イルカを展示している施設では繁殖も目指しているが、繁殖専用のプール建設などに加え、技術力も必要になる。「一朝一夕でできるものではない」と訴える。

 JAZAによると、イルカの寿命は約30年とされ、改善に従ったとしてもすぐにショーができなくなるような事態にはならないが、戸惑いは隠せない。おたる水族館(北海道小樽市)の伊勢伸哉館長は「方針も定まらない」。関東地方の水族館の担当者も「結論を待つしかない」と話す。

 多数決での結論決定に疑問の声もある。JAZAの加盟は、動物園が89施設に対し、水族館は63施設。イルカの飼育は約30施設にとどまる。除名となると、WAZAが扱う血統などの情報が得られなくなるほか、海外との交渉の場も少なくなる。キリンなどの動物の入手が厳しくなる中で特に動物園にとっては大きな痛手となる。「結論は明白。水族館側は不公平感をぬぐえない」。ある水族館の担当者は漏らす。

 日本の伝統文化を否定することにつながりかねないとの懸念もある。

 イルカの入手方法にWAZAが横やりを入れ始めたのは平成16(2004)年。台湾の年次会合で非難決議を決めたが、この際、事前にJAZAとの議論もなく採決方法も投票は行われず拍手のみだったという。

 その後、JAZAはWAZAの提案に応じる形で食用と展示用とで漁を分けたり、狙う群れも小さいものにしたりと、イルカの負担軽減に努めてきた。ただ、満足な説明の場も与えられないまま、今年4月に会員資格停止が決定。岡田尚憲事務局長は「まさに、寝耳に水で残念だ」と話す。

 決定の背景には、動物愛護団体からの圧力が見え隠れする。16年の非難決議では太地町のものではない残忍な古い追い込み漁の映像が使われた。その後、太地町の漁を隠し撮りして批判的に描いた映画「ザ・コーヴ」の影響でイルカなどの保護が活発化した。

 こうした愛護団体の動きに合わせ、イルカ輸入を禁じる国も相次ぐ。太地町捕獲分のうち25年は172頭を販売。うち国内の水族館に回ったのは約20頭で、大半はWAZAに加盟しない中国や韓国などに渡った。

 米国では約20年前から、イルカの捕獲はやめ、繁殖による手段を取る。JAZA関係者によると、30年以上飼育するシャチの解放を求めたりするなど運動は激化している。欧州でも繁殖が基本で、豪州など展示自体をやめる国も出ている。岡田事務局長は「論点が違う問題から漁が否定されていると感じる」と話す。ただJAZAはWAZAから離脱しないとの選択が多かった場合は、通告に従い漁での入手をやめるという。

 甲信越地方の水族館長は「通告を受け入れると、これまで正当だとしてきた主張が崩れ、捕鯨などにもしわ寄せが出る」と指摘。その上で「太地町の漁師に手のひらを返したように『あなた方は残酷なことをしている』ということにもなる」と話した。
************産経新聞 5.13 11:51によると、
和歌山県の仁坂吉伸知事は13日の定例会見で「世界中からのいじめみたいな気がする」と述べ、不快感を示した。

 仁坂知事は、捕獲されたイルカの展示について「『イルカがかわいそう』などの議論があるが、水族館では捕ってきた魚などを多く展示している」と指摘。「繁殖させたものだけを展示するのであれば、水族館の展示は何分の一かになってしまうのではないか。その点も含め、フェアに考えてもらいたい」と述べた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。


  1. 2015/05/17(日) 03:59:47|
  2. 海洋哺乳類との共生への道

FC2カウンター

プロフィール

佛教大学社会学部満田研究室

Author:佛教大学社会学部満田研究室
【本ブログの休止と新ブログ『マラリア通信(仮称)』のお知らせ】
満田研究室ブログは、2009年満田教授の海外研修の時、満田ゼミ生との情報交流のために開設された海外通信ブログ。インドネシアのマラリア制圧に関する情報からエコツアー、原発、感染症パンデミックなどのホットな話題をブログ形式でお送りしてきました。
満田教授は、2009年4月から半年間のドイツ・オスナブリュック大学日本研究所とイ ンドネシア国立マタラム大学医学部での海外研修から帰国。さらに10月から3月までの京都大学大学院経済学研究科での研究員生活を終え、2010年4月からは佛教大学社会学部公共政策学科教授に復職しました。
2011年からはマラリア制圧のために、セレベス、パプア、アロール島などでマラリア医療支援活動を継続。また、エクアドルのアマゾンジャングルにある世界で最も生物多様性が高いヤスニ国立公園の自然保護活動や、ベトナム政府および国連機関とのベトナム農村での持続可能な観光に関する共同研究も実施しました。
2013年12月からセレベス島北端のバンカ島で中国企業による鉄鉱石開発からジュゴンを守る国際NPO[ジュゴン環太平洋ネットワーク]の創設準備。沖縄辺野古沖のジュゴンに関する基本情報を収集し、ジュゴン保護に関する研究を実施しました。
2019年3月、佛教大学社会学部を定年退職(同大学名誉教授)。 9月からインドネシア国立マタラム大学医学部客員教授として、ロンボク島でのマラリア撲滅のための社会貢献活動に尽力する予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

妊婦さんにミルクを❗️プロジェクト (7)
平成が終わり、昭和が去る。そして、令和を拓く! (14)
佛教大学最終講義190118 (10)
素晴らしいお知らせ (201)
アチェの慟哭と哀惜、あれから10年 (1)
マラリア戦争の深部 (25)
マラリアの社会学(続き) (7)
NO MORE TUNAMI、アチェ、そして東日本 (37)
18ロンボク震災報告 (2)
海洋哺乳類との共生への道 (40)
ザトウクジラとの遭遇、ドミニカ大西洋洋上300km (5)
サンイグナシオ・ラグーンとコククジラ、メキシコ (2)
ジュゴンを救う!活動、セレベスから沖縄 (35)
世界海中遺産の旅 (7)
バヌアツ物語 (4)
PNG巡礼の旅 (5)
極楽鳥の舞う島の子供たち (1)
ラジャ・アンパト:極楽鳥の舞う島の子供たち (6)
卒業生通信 (15)
エコツーリズムへの招待 (11)
ちょっとブレイク (52)
環境社会学への誘い (15)
環境と地域 (11)
ふるさと納税 (2)
環境と地域+エコロジー (3)
環境と開発 (7)
原発の話 (27)
ヤスニ提案を読み解く (10)
アマゾンジャングルからの報告 (4)
ダーウィン巡礼の旅 (13)
緊急アピール (25)
新型インフルエンザとパンデミックの旅 (9)
環境と開発エコロジー (2)
ブータンからの便り (12)
赤道の国 (2)
ベトナム新農業・農村開発10か年計画 (2)
ドイツ生活 (1)
インドネシア生活 (1)
未分類 (13)
訃報 (6)
管理人 (1)
知床秘話 (4)
仁淀川からの風 (1)
社会的起業の提案 (1)
エボラ出血熱 (4)
沖縄・石垣からの風 (3)
知床世界遺産 (1)
京のおもてなし文化の旅 (9)
平成28年熊本地震 (3)
命 ファースト! (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する