FC2ブログ

【満田研究室ブログ】

佛教大学社会学部満田久義研究室通信

【知床:世界遺産10年 海・山・人は今】毎日新聞連載

【知床:世界遺産10年 海・山・人は今】毎日新聞が連載しています。

毎日新聞は、「知床国有林伐採問題」の頃から「ユネスコ世界遺産登録後」まで、地元に密着した取材をしながら、
日本や世界に情報発信を続けています。

今回の連載【知床:世界遺産10年 海・山・人は今】は、知床、世界遺産10年を総括する貴重なシリーズです。
山田泰雄氏が担当とある。山田さんとは旧知。取材に同行し、国有林伐採跡地に入った懐かしい思い出があります。再度、「知床の今」を通して、世界遺産の功罪を検証したいものです。
*******************************
知床:世界遺産10年 海・山・人は今 ⑤/ 保全と利用の間で 観光の方向性探る 
/毎日新聞 2015年07月07日 北海道地方版

 銀世界の中をスノーシュー(かんじき)を履いた参加者が一歩一歩進む。今年1〜3月の厳冬期に行われた知床五湖エコツアーの一コマ。雪原の下は凍結した湖面だ。夏場なら立つことのできない位置から望む知床連山に、感嘆の声があがった。

 2005年に知床が世界自然遺産に登録されて以降、地元は観光客の大幅増に期待を寄せたが、実際に“効果”があったのは翌06年までの2年ほど。その後は減少傾向が続き、観光客入り込み数は05年の約249万人に対し、14年は約166万人にとどまった。知床斜里町観光協会は「航空機材の小型化などで、半数以上を占めていた団体ツアー客が減少したことが響いている」と分析する。

     ◇

 そんな中、注目されるのがエコツアーだ。バスで名所を足早に回る従来型の団体観光とは異なり、個人や少人数のグループがガイドの解説を聞きながら、じっくり自然に触れる。世界遺産・知床の「保全と利用の両立」にふさわしいスタイルとして、現在は知床五湖やフレペの滝などで数々のツアーが催されている。

 14年度は二つの新たなツアーが始まった。一つは冒頭の厳冬期知床五湖ツアー。もう一つは知床半島先端部の赤岩地区に動力船で上陸し、コンブ漁とその歴史などを学ぶツアーだ。いずれも3年間の試行を経て、今後本格化させるか検討する。

 厳冬期五湖ツアーは、積雪のため通行止めとなっていた道道を除雪し、ガイドの車で行き来するもので、この冬は目標の700人を上回る747人が参加。冬季の観光メニューの切り札として可能性を示した。ところが、こうした取り組みに対し、地元の一部には異論もある。

 斜里町立知床博物館の山中正実館長は「トレッキングやカヤックならいざ知らず、車や動力船で乗り付けるとは。今後さらに利用の拡大をとなれば、歯止めが利かなくなる」と批判。一方、知床ガイド協議会の岡崎義昭会長は「貴重な自然だからこそ実際に見てもらい、保護の必要性を理解してもらうことが大切だ。無制限に拡大するつもりはない」と反論。双方の溝は深く、「利用」の方向性をめぐり、今後も議論の火種はくすぶり続けそうだ。

     ◇

 地元でも、今後観光客数が劇的に伸びるとは想定していないが、知床斜里町観光協会の新村武志事業部長は「目的を持って知床を訪れた人に、どれだけ満足して帰ってもらえるかが大事だ。今後は『量より質』を目指さなければならない」と主張。知床財団の増田泰事務局長は「事前講習を知床五湖以外でも義務化するなど、まだまだ工夫の余地はある」と、さらなる「知床ルール」の充実を訴える。貴重な遺産の価値を守りながら、どう利用を図っていくか。次の10年も知床の模索は続く。世界遺産として輝き続けるために−−。=おわり

   × × ×

 この連載は山田泰雄と本間浩昭が担当しました。

==============

 ■ことば

 ◇赤岩地区

 知床岬近くの羅臼町側に位置する。大正時代からコンブ漁が盛んに行われ、最盛期の1970年には56軒の番屋が立ち並んだ。現在は2軒のみ。関係機関は84年の申し合わせで、観光目的での動力船による上陸を規制しており、今回のエコツアーには疑問の声もあがったが、「教育目的」として試行が認められた。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下部の「次のページ」をクリックしてください。
  1. 2015/07/07(火) 13:35:08|
  2. 素晴らしいお知らせ

FC2カウンター

プロフィール

佛教大学社会学部満田研究室

Author:佛教大学社会学部満田研究室
【本ブログの休止と新ブログ『マラリア通信(仮称)』のお知らせ】
満田研究室ブログは、2009年満田教授の海外研修の時、満田ゼミ生との情報交流のために開設された海外通信ブログ。インドネシアのマラリア制圧に関する情報からエコツアー、原発、感染症パンデミックなどのホットな話題をブログ形式でお送りしてきました。
満田教授は、2009年4月から半年間のドイツ・オスナブリュック大学日本研究所とイ ンドネシア国立マタラム大学医学部での海外研修から帰国。さらに10月から3月までの京都大学大学院経済学研究科での研究員生活を終え、2010年4月からは佛教大学社会学部公共政策学科教授に復職しました。
2011年からはマラリア制圧のために、セレベス、パプア、アロール島などでマラリア医療支援活動を継続。また、エクアドルのアマゾンジャングルにある世界で最も生物多様性が高いヤスニ国立公園の自然保護活動や、ベトナム政府および国連機関とのベトナム農村での持続可能な観光に関する共同研究も実施しました。
2013年12月からセレベス島北端のバンカ島で中国企業による鉄鉱石開発からジュゴンを守る国際NPO[ジュゴン環太平洋ネットワーク]の創設準備。沖縄辺野古沖のジュゴンに関する基本情報を収集し、ジュゴン保護に関する研究を実施しました。
2019年3月、佛教大学社会学部を定年退職(同大学名誉教授)。 9月からインドネシア国立マタラム大学医学部客員教授として、ロンボク島でのマラリア撲滅のための社会貢献活動に尽力する予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

妊婦さんにミルクを❗️プロジェクト (7)
平成が終わり、昭和が去る。そして、令和を拓く! (14)
佛教大学最終講義190118 (10)
素晴らしいお知らせ (201)
アチェの慟哭と哀惜、あれから10年 (1)
マラリア戦争の深部 (25)
マラリアの社会学(続き) (7)
NO MORE TUNAMI、アチェ、そして東日本 (37)
18ロンボク震災報告 (2)
海洋哺乳類との共生への道 (40)
ザトウクジラとの遭遇、ドミニカ大西洋洋上300km (5)
サンイグナシオ・ラグーンとコククジラ、メキシコ (2)
ジュゴンを救う!活動、セレベスから沖縄 (35)
世界海中遺産の旅 (7)
バヌアツ物語 (4)
PNG巡礼の旅 (5)
極楽鳥の舞う島の子供たち (1)
ラジャ・アンパト:極楽鳥の舞う島の子供たち (6)
卒業生通信 (15)
エコツーリズムへの招待 (11)
ちょっとブレイク (52)
環境社会学への誘い (15)
環境と地域 (11)
ふるさと納税 (2)
環境と地域+エコロジー (3)
環境と開発 (7)
原発の話 (27)
ヤスニ提案を読み解く (10)
アマゾンジャングルからの報告 (4)
ダーウィン巡礼の旅 (13)
緊急アピール (25)
新型インフルエンザとパンデミックの旅 (9)
環境と開発エコロジー (2)
ブータンからの便り (12)
赤道の国 (2)
ベトナム新農業・農村開発10か年計画 (2)
ドイツ生活 (1)
インドネシア生活 (1)
未分類 (13)
訃報 (6)
管理人 (1)
知床秘話 (4)
仁淀川からの風 (1)
社会的起業の提案 (1)
エボラ出血熱 (4)
沖縄・石垣からの風 (3)
知床世界遺産 (1)
京のおもてなし文化の旅 (9)
平成28年熊本地震 (3)
命 ファースト! (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する